橋立千褒

データサイエンスが保険の未来を開く。

Career Summary

入社して主計部数理グループに配属され、事業統計や保険引受リスク管理に当たる。2年後に主計部主計グループに移り、全社ストレステスト、決算およびそれに付随する将来収支分析に携わった。2018年からリスク管理統括部統合リスク管理グループに所属し、機械学習を用いたリスク事象の予兆検知、全社的ストレステスト、将来の新しい健全性規制の導入に向けた計算態勢の構築などを行っている。こうした会社での業務のほか、大学で生命保険数理を教えている。

心に響いた「数値に関する責任」という姿勢。

橋立の職種はアクチュアリーである。事業や商品のリスク、健全性などを数値面から分析・検証する専門職で、生保、損保業界で活躍する人が大部分だが、年金基金、信託銀行、官庁で仕事をしている人もいる。
橋立がこの仕事に興味を持ったのは学生時代だ。「数学を専攻する学生にとって、アクチュアリーは好きな学問を生かせる仕事の一つで、おもしろそうだと思いました。先輩に数多くのアクチュアリーがいたという親近感もあってこの仕事を志望しました」。
ではさまざまな企業の中で、なぜフコク生命を選んだのだろうか。「就職活動時のグループ面接の際、フコク生命のアクチュアリーの職員にやりがいを尋ねました。すると、数値に関する責任を強く意識している、という答えが返ってきました。他社のアクチュアリーが、大きな数字を動かせることや経営との近さをやりがいだと答えることが多かったので、その違いが強く心に残りました。それが志望につながりました」。
数値という経営判断に重大な影響を与える情報に対する真摯なとらえ方、そんなフコク生命の価値観が橋立の心を打ったのだ。

社内外のあらゆる情報を収集、分析し、施策に活用。

希望通りアクチュアリーとして採用された橋立は、入社5年目でアクチュアリーの資格試験すべてに合格した(アクチュアリーの資格試験は7科目あり、業務のかたわら、何回かに分けて受験する人が多い)。
主計部数理グループ、同主計グループを経て、現在、リスク管理統括部統合リスク管理グループに所属している。「業務は大きく三つあります。第一は、社内外のさまざまなデータを用いて、不適正事象や解約などのリスク事象の予兆を検知する仕組みの構築。第二は、自然災害、金融危機など、極端にストレスのかかる事象が会社に与える影響を測定する分析において、シナリオ設定、資産に対する影響の計算、ヘッジや資本調達などのこれらの影響を軽減する経営アクションの策定と評価。第三は、現行のソルベンシー・マージン比率※を用いた健全性規制に代わる新しい健全性規制への対応。この規制はまだ検討段階にありますが、それに備えた実地検証と、計算プロセスの整備や内部モデルの高度化を進めています。これらについて、規制当局や格付会社などとのやりとりに必要な資料の作成なども行っています。」
これらの業務に携わる中で、橋立は将来に向けて二つのことに向き合っている。一つは、部門横断的な活動によって課題を解決していくこと。もう一つは、フコク生命にこれまでのアクチュアリーの概念を超えるような、先進技術に関心の高い人材を集め、より多くのデータサイエンティストを育てることだ。

データサイエンティストが活躍できる舞台をつくりたい。

第一の点については、リスク管理統括部に異動してから、リスク事象の予兆検知態勢の構築に携わっている経験が反映している。「社内に散在するデータを統合し、機械学習のモデル構築やそれに付随する前処理などの技術を学び、実装していくことでさまざまな知見を得ました。保険加入から契約消滅に至るまでの情報を一気通貫で見ることで、リスク事象と関連が強い傾向や不整合性を全社横断的に検証し、システム開発などにつなげていくことが可能になりつつあります。また、社外の専門家や技術者との関わりも非常に多くなってきました」。
従来にないロジックやアルゴリズムによって近年の分析手法が変わってきたことも変化の追い風となっている。「会社が説明責任を果たしたり、経営判断したりするための数値およびその分析結果を提供するのが私たちのミッションですが、従来はまず結果ないし言いたいことがあり、その説明をするために原因を調べる、といった流れが多いように感じていました。しかし、このプロセスは課題解決というより説明のつく“落としどころ”を見つけていくといったニュアンスが強かったように感じられました。現在は技術革新に伴い、ビジネス課題の洗い出しと、それらの解決に向けた探索的な分析が可能になってきました。あらゆる部門の多種多様な情報を用い、課題解決に向けた実務への介入手段を発見しやすくなってきたのです」。医療に例えれば、対症療法から予防医学への転換にも似たこの変革を橋立はもっと推し進めたいと考えている。
もう一つの点では、フコク生命をより広く知ってもらい、データサイエンティストが活躍する舞台を築くことを目指す。橋立が掲げるモットーは、Learning by doing(実行しながら学ぶ)ことと、前例をつくるということだ。
「当社は志の高い、温かい会社ですが、個々の職員の人間力や経験に頼る傾向が強く、また“試す”ということに対する敷居が高いと感じることもあります。逆に言えば、まだまだ機械学習をはじめとするテクノロジーを駆使する余地が多分にあり、これからその分野の若手人材が活躍できる会社と言えます。私としては、まずはデータサイエンス関連技術によってスモールステップの成果を積み上げていき、前例をつくっていきたい。そしてデータサイエンスの専門部署を立ち上げて、社内のあらゆるビジネス課題の解決に取り組んでいきたいですね」。

※ソルベンシー・マージン比率:通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つ。

OTHER STAFF

FILTER

代表取締役

THE MUTUAL 次代の“相互扶助”を考える。

米山好映
代表取締役社長
1974年入社
総合職

会社のすばらしさを
        次代に伝える。

森田 潤
総合企画室
1995年入社
総合職

育てたいのは信頼で
        つなぐ営業力。

松村慎二
営業企画部
1998年入社
総合職

営業現場の働き方に一石を投じる。

丸山祐二
大阪南支社
2001年入社
総合職

伝統と文化を尊重しつつ、
新たな試みに挑む。

久米友也
横浜支社
鎌倉営業所
2005年入社
総合職

データサイエンスが
        保険の未来を開く。

橋立千褒
リスク管理統括部
総合リスク管理グループ
2012年入社
総合職

勇気を持てば、
新しい世界が広がる

木元美奈
京浜支社
みなと川崎東営業所
2013年入社
総合職

女性としての
「かっこよさ」を追求する。

安倍寛子
人材開発本部
内務教育グループ(経営塾生)
2013年入社
総合職

自分以外の
        誰かの笑顔を力に。

太田亮佑
お客さまサービス部
お客さまサービス企画室
2015年入社
総合職

他者を助ける心と
        知恵を育みたい。

逸見奈緒
財務審査室
2016年入社
総合職

将来のリーダーを夢見て
        基本を学ぶ。

林 拓未
東京支社
2017年入社
エリア職

人生の変化と仕事を
        両立する。

佐藤沙代子
契約医務部
医務グループ
2004年入社
エリア職

業務の先にある想いを見据えて動く。

渡邊久美
大阪北支社
梅田営業所
2015年入社
エリア職

探り続けるのは
        人間の真の成長。

安田ゆり
人材開発本部
営業教育グループ
2018年入社
close

close