米山好映

THE MUTUAL 次代の“相互扶助”を考える。

Career Summary

1974年入社。横浜月掛支社(現・京浜支社)を経て、本社の業務部、営業本部商品課、融資課、財務企画課などに勤務。1998年に総合企画室室長となる。2002年に取締役、2005年に常務、2010年に代表取締役社長に就任。

天性のあまのじゃく
-人間、米山好映。

フコク生命本社に勤務するある従業員は言う。「フコク生命では社長から怒られないとダメ! 褒められてるうちはまだまだ・・・」。また、別の従業員も「社長が真っ赤な顔して怒っていると、テンションが上がってくる・・・」。不思議とそう言う彼らの顔はどこか嬉しそうだ。変な会社だ。
一見すると堅物にみえる。米山本人もいう。「私は真面目でおもしろくない性格だ」と。読書家でもある。読むのはもっぱら思想や哲学書など。そして、本質や理想を語る。そのせいか学究肌の印象も受けるが、何よりも現場を好む。社長就任以来、全国に62ある支社はすべて2回以上まわった。また、支社のもとには464もの営業所があるが、これも300以上に足を運んだ。徹底した現場主義の根底には、フコク生命の価値観である「お客さま基点」がある。これは営業もオフィスで働いている人も、フコク生命のすべての従業員に求められていることだが、一番の原点はやはりお客さまアドバイザーとお客さまとのやりとりにある。だから、「現場に行きお客さまアドバイザーから直接話を聞くことは「お客さま基点」への想いを新たにするためにも重要なことだ」と。「ただ・・・」と言って米山は笑う。「営業現場での語らいが楽しいんですよ」。米山は人が好きだ。こんな天性の気質が、冒頭の従業員の発言にもつながっているのかもしれない。

理想の生命保険会社の追求
-経営者、米山好映。

生命保険業界において、フコク生命は規模では大手に及ばないものの、財務内容が良好で健全性が高くユニークな存在として知られている。これについて、米山は言う。「一見すると矛盾するような二つの価値観を両立してきたからではないか。それを象徴するのが初代社長の根津嘉一郎と二代目社長の吉田義輝の存在だ」と。相互扶助の重要性を説き、フコク生命(当時の富国徴兵保険)設立に奔走したのが吉田で、そこに資金を提供したのが鉄道王と言われた根津だった。東武鉄道や東京電燈(現在の東京電力)など幾つかの事業を手がけた根津は保険会社を設立するなら株式会社を勧めた。戦前の日本は資本主義国家そのものであり、根津は当時の日本経済に大きな影響力を持つ大資本家であった。しかし、吉田は相互会社にこだわった。保険事業の進むべき方向は「ご契約者本位」しかないという吉田の想い。これが相互会社としての創業につながった。「つまり、フコク生命には二つの底流がある。相互扶助の精神と、確かな利益を出す資本主義的な考え方。どちらが欠けても理想の生保経営は実現できない」。実際、フコク生命の収益性は高い。これは「最大たらんよりは最優たれ」という社是・DNAのもと、質を重視した経営の差別化を行ってきた証しである。安定した利益を内部留保し自己資本を強化しているから、高い健全性を維持できている。また、利益を契約者配当として還元し、お客さまの実質的な保険料負担を軽減する。米山はこれを「相互会社としての使命だ」と言う。相互会社としての使命を全うし続けるためにも、理念の重要性を説く。フコク生命では、吉田の想いや発言をまとめた冊子『創業の心』をすべての従業員が持ち、研修などで活用している。「フコク生命の理念や歴史を共有していくことが、会社が本当の意味で成長していくために必要なことだ」と。

「THE MUTUAL」
-次代の相互扶助を考える。

フコク生命は、2023年の創業100周年に向けたフコク生命像として「THE MUTUAL」を掲げている。「THE MUTUAL」とは、共感、つながり、支え合いであり、次の100年に向け進化する次代の“相互扶助”のこと。「“相互扶助”というとプレモダン(前近代)的な印象を持つかもしれませんが、だからこそポストモダン(超近代)の相互扶助を模索し発信していく」と米山は言い、さらに続ける。
「現在は、かつての共同体的価値観を重視した時代から、個人の自由を重視した時代に移行して一定の期間を経た段階ではないか。自由がもたらす富の偏在や不平等といった負の側面が、共同体における助け合いや共感を主軸とする社会への渇望を生み出す。こうした価値転換が世界中で起こり始めているように見える。相互扶助や共感といった価値観が質を高め、新しい形となり、これからの社会の基本になっていく、その可能性を強く感じる」と。
「THE MUTUAL」は、フコク生命の創業以来の想いや信念、行動をコンセプチュアルに表現したものだ。そして、これは時代の最先端のコンセプトになると米山は確信している。

OTHER STAFF

FILTER

代表取締役

THE MUTUAL 次代の“相互扶助”を考える。

米山好映
代表取締役社長
1974年入社
総合職

会社のすばらしさを
        次代に伝える。

森田 潤
総合企画室
1995年入社
総合職

育てたいのは信頼で
        つなぐ営業力。

松村慎二
営業企画部
1998年入社
総合職

営業現場の働き方に一石を投じる。

丸山祐二
大阪南支社
2001年入社
総合職

伝統と文化を尊重しつつ、
新たな試みに挑む。

久米友也
横浜支社
鎌倉営業所
2005年入社
総合職

データサイエンスが
        保険の未来を開く。

橋立千褒
リスク管理統括部
総合リスク管理グループ
2012年入社
総合職

勇気を持てば、
新しい世界が広がる

木元美奈
京浜支社
みなと川崎東営業所
2013年入社
総合職

女性としての
「かっこよさ」を追求する。

安倍寛子
人材開発本部
内務教育グループ(経営塾生)
2013年入社
総合職

自分以外の
        誰かの笑顔を力に。

太田亮佑
お客さまサービス部
お客さまサービス企画室
2015年入社
総合職

他者を助ける心と
        知恵を育みたい。

逸見奈緒
財務審査室
2016年入社
総合職

将来のリーダーを夢見て
        基本を学ぶ。

林 拓未
東京支社
2017年入社
エリア職

人生の変化と仕事を
        両立する。

佐藤沙代子
契約医務部
医務グループ
2004年入社
エリア職

業務の先にある想いを見据えて動く。

渡邊久美
大阪北支社
梅田営業所
2015年入社
エリア職

探り続けるのは
        人間の真の成長。

安田ゆり
人材開発本部
営業教育グループ
2018年入社
close

close