私たち「らしさ」

私たち「らしさ」とは

生命保険会社の最も重要な責務は、「ご契約が続くかぎり、いかなる時も確実に保険金・給付金をお支払いしていく」ということです。フコク生命は創業から現在まで、お客さまとの約束をきちんと果たすために、質を重視した健全な経営を確立することを第一に考えてきました。そして、企業価値を向上させ持続的な成長をしていくために、「他社との違いをつくる」という戦略をとってきたのです。

しかし、「他社との違いをつくる」ことはそう簡単にはできません。相互扶助の精神で創業した私たちの成り立ち、量よりも質を重んじるDNA、創業時から変わらない「ご契約者本位」の想い、この3つを経営哲学とする私たちだからこそ、実現してきたのだと考えています。

私たちの経営哲学

フコク生命の原点“相互会社としての使命”

生命保険は、「一人は万人のために、万人は一人のために」という「相互扶助」の精神で成り立っています。
配当還元という形でお客さまの信頼に応え続けることができる「相互会社」であることに意味があると考え、その形態を貫いています。

創業時の社旗。

フコク生命のDNA“最大たらんよりは最優たれ”

「最大たらんよりは最優たれ」の
経営方針を打ち出した
第4代社長の佐竹次郎。

フコク生命のDNA“最大たらんよりは最優たれ”

「相互扶助」の精神を基本に、量の拡大よりも質を重んじる、「最大たらんよりは最優たれ」というDNAを継承し事業を推進しています。

フコク生命の価値観
(あらゆる企業活動の原点)
“お客さま基点”

当社の役職員一人ひとりが「もし自分がお客さまだったら…」を常に想像しながら、お客さまが心から安心できるであろう、フコク生命ならではのサービスや経験を創り出し、提供していくことです。

「お客さま基点」の原点でもある「富国魂」。

「お客さま基点」を価値観と位置づけたフコク生命の経営理念体系

経営理念体系

経営理念体系
READ MORE
READ MORE
READ MORE

お客さま基点の追求

すべてはお客さまのために——。
100年もの間、脈々と受け継がれてきたこの想いは、フコク生命の根幹を成しています。
創業時の「ご契約者本位」という想いは、創業以来変わることのない経営理念である「ご契約者の利益擁護」、そして価値観である「お客さま基点」に引き継がれているのです。
1933年、第2代社長 吉田義輝によって提唱された「富国魂」の精神は、
今も私たちの心に深く刻み込まれています。
フコク生命は、2005年から「お客さま基点」をベースにした企業変革活動に、
全社を挙げて取り組んできました。

「お客さま基点」追求の軌跡

2005年
「お客さま基点」をベースとした企業変革に取り組む
2008年
「お客さま基点」を価値観として位置付け、あらゆる企業活動の原点に
2011年
「人材開発本部」の設立

「お客さま基点」を実践できる人材育成
職員が働きがいを持てるよう、自己実現の場を提供


「車座ミーティング」のスタート

社長と職員の双方向の対話による場づくり
社長自ら「お客さま基点」への想いを発信

2014年
営業職員制度の改正

長く働ける環境整備と、安定した人材確保のため給与水準の引上げ、
新人の育成期間を延長し、余裕ある人材育成の体制づくり

2015年
ISO10002(苦情対応マネジメントシステム)自己適合宣言
2017年
『「お客さま基点」の業務運営方針』を策定・公表
消費者志向自主宣言
2019年
『「お客さま基点」の業務運営方針』の取組結果の公表

「お客さま基点」という価値観~職員への定着、実践できる人づくり、社会への公表~

2008年から「お客さま基点」を価値観と位置づけ、最も大切にしなければならない、あらゆる「企業活動の原点」としています。
職員に対しては、この価値観を定着させるためにさまざまな取組みや制度化を実施。さらに、「お客さま基点」を実践できる人材を育てることが重要であると考えています。
2017年には、『「お客さま基点」の業務運営方針』を策定・公表し、その取組みの結果を2019年に社会へ公表しています。
私たちは、「もし自分がお客さまだったら」ということを、一人ひとりが常に想像しながら取り組んでいくことで、フコク生命ならではのサービスや経験を創り出し、提供していくことができます。そして、それがお客さまの満足度向上につながり、お客さまから最も評価される会社になるのだと信じています。

次代に向けて

さまざまな人たちや価値観との出会いを通して、新しい時代の人とのつながり方を探していく。
次代の"相互扶助"とは何かを考えます。

中長期ビジョン
Road to 100th
close
close

経営理念

「ご契約者の利益擁護」
「社会への貢献」
「働く職員の自己実現」

フコク生命は、創業以来変わらぬ経営理念でご契約者の利益をお守りし、社会に貢献し続けるとともに、職員一人ひとりが働きがいを持てるよう、自己実現の場を提供してまいります。

close
close

行動原則

私たちの
“お客さま基点”

  • 一、私たちは、チームワークを大切にします
  • 一、私たちは、一人ひとりのお客さまの信頼に応えます
  • 一、私たちは、情熱と誇りをもって働きます
  • 一、私たちは良識をもって正しく行動します
  • 一、私たちは、生命保険の大切さを訴えつづけます
  • 一、私たちは、あらゆる困難を乗り越えます
  • 一、私たちは、明るい職場づくりを目指します
  • ※第2代社長の吉田義輝が提唱した「富国魂」がベース

close
close

経営方針

  • 1. “お客さま基点”での人材育成

    お客さま一人ひとりに安心をご提供するために、自信と誇りをもって“お客さま基点”を実践できる人材を育ててまいります。

  • 2.営業職員体制の強化

    お客さま一人ひとりにきめ細かなサービスをご提供するために、営業職員による対面販売の体制を強化してまいります。

  • 3.お客さま純増の実現

    ひとりでも多くのお客さまに信頼していただけるよう、お客さまのニーズにあった保険の設計・提供とアフターサービスを徹底してまいります。

  • 4.業務運営の効率化

    事業の安定した継続と発展のために、幅広く業務運営の効率化を実践してまいります。

close
close

2019年度から2021年度までの新中期経営計画が始まっています。ES(従業員満足度)の向上こそが、CS(お客さま満足度)の向上に結び付くという「持続的成長のための好循環」の構築に取り組んでいます。
10年後に「お客さま満足度No.1の生保会社となる」という長期経営ビジョンの達成に向け、全社を挙げて取り組んでいる最中です。

ビジョン

徹底した差別化でお客さまから
最も評価される会社となる

持続的成長のための
好循環
  1. ❶ 職員のモチベーションアップお客さまから評価されることにより、職員のモチベーションが上がる
  2. ❷ 職員の満足職員の心理的充実度が高まり職員満足度が向上する
  3. ❸ 職員の生産性向上質の高い人材が育ち、生産性が向上する
  4. ❹ 商品・サービス品質の向上提供する商品・サービス品質が向上する
  5. ❺ 収益性の向上・健全性の維持保有契約の継続率の改善により収益性が高まり、健全性も維持される
  6. ❻ 配当還元の充実お客さまの実質的な保険料負担を軽減する
  7. ❼ お客さまの満足当社へのロイヤルティが向上するお客さま満足度が向上する
  8. ❽ お客さまのロイヤルティ向上
長期経営ビジョン実現に向けた
取組み持続的成長のための
好循環の構築
  1. ❶ 人口動態の変化に対応した国内市場における持続可能なビジネスモデルの構築「お客さま満足度No.1の生保会社となる」長期経営ビジョン(=10年後のありたい姿)
  2. ❷ 他社(異業種)との連携・協業による差別化された商品・サービスの提供
  3. ❸ Face to Faceを引き続き行っていくためのIT投資・フィンテックの活用
close
close
close
close